冷水で洗顔は眠気覚ましに効く?

冷水で洗顔は眠気覚ましに効く?

朝起きたときに冷水で洗顔することで目が覚めるのは、誰もが経験していることだと思われますが、同様に勉強中や仕事中に襲ってくる眠気を覚ますのにも効果を発揮します。

冷たい水に触れることと、顔面へのマッサージが刺激となり交感神経が活発になることによって眠気を覚ましてくれます。

即効性があり道具なども必要がないので手軽にできる眠気覚ましの方法のひとつですが、自宅以外の場所で顔を洗うのが気軽にできない場合は、うがいをしたり、冷却シートを首などに貼るという行為でも代用できます。

体温が上がると眠くなってくるので、目が冴えるのを防ぎたい場合は暖かくするとよいでしょう。

また、冷水で洗顔は即効性はありますが持続性はあまり高くないため他の方法と併用するとよいでしょう。

カフェインは眠気覚ましに効く?

カフェインは眠気覚ましに効く?

カフェインは摂取すると脳内にあるアデノシン受容体と結びつきます。アデノシンは結びついて受容体になることでリラックス効果をもたらし眠気を促す効果があります。

カフェインがアデノシン受容体に結び付くことで受容体になる事ができず脳が興奮状態になるので眠気覚ましに効果があるといわれていわれています。

カフェインは積極的に神経を呼び覚まし眠気覚ましをするわけではなくリラックス効果や眠気をもたらすアデノシンの働きを阻害し刺激する事で心拍数が上がったり血圧が少し上がるなどでちょっと元気になったような状態になります。

カフェインは眠気覚ましの他にも解熱鎮痛作用や余分な水分を排出する利尿作用、心臓を強くする作用等があります。

日光を浴びるのは眠気覚ましに効く?

日光を浴びるのは眠気覚ましに効く?

最近は睡眠の時間よりも質の方が健康にとって大切だと言われているのですが、特に睡眠に入る時よりも起床時の方がクローズアップされています。

と言うのも規則的な生活のリズムは起床時に決まるので、日光を浴びる事で眠気覚ましの効果があるだけでなく人間の体に備わっている体内時計をリセットしてくれるのです。

体内時計は地球の自転とほぼ同じなのですが、若干のズレがある為に日光を浴びる事で眠りのリズムを司るメラトニンの分泌を抑えてスッキリと眠りから覚めます。

メラトニンは睡眠のリズムを司るだけでなく、健康や美容に長寿にまで影響があると言われている大切な物質なので、眠気覚ましにしっかりと日光を浴びると分泌のリズムも整えられて健康長寿を期待出来るほど重要です。