絶対に寝坊しない方法とは?

絶対に寝坊しない方法とは?

絶対に寝坊しない方法として、目覚まし時計を2個以上時間差でかけておく、立ち上がり数歩歩いて止めに行かないといけない場所に置くなどがあります。

スマートフォンなどでアラームをセットし、その5分後にもセットして、更に少し離れた場所にある目覚まし時計をその5分後にセットしておけば完璧です。

次におすすめなのが人に頼むことです。家族よりも友人などが効果的です。他人を巻き込むことによりその緊張感から目が覚めやすくなります。

そして意外と効果があると言われているのが、「明日は~時に起きる」と枕に言い聞かせてから寝ることです。

声を出して言うのがポイントです。これは言わば自己暗示なわけですが、どういうわけか本当に効果があるそうです。

二度寝を防ぐ方法

二度寝を防ぐ方法

二度寝を防ぐ方法はいくつかあります。まずは、自分の起きたいという意思が一番大切です。さらに、眠りの質を上げる複数の物理的方法を合わせて行います。

就寝直前の食べ物摂取は胃腸に血液が集中するため、眠りが浅くなると言われていますので、夕食は就寝の遅くとも3時間前までには済ませておきます。

入浴はぬるめのお湯で、副交感神経の働きを促進させるようにします。また、寝る前のアルコールや喫煙など脳への刺激も眠りを浅くしますので、避けましょう。

眠る環境も暑過ぎず寒過ぎずを保つようにつとめます。睡眠のゴールデンタイムと言われる22時から翌朝2時までの間は、成長ホルモン・免疫物質の分泌が行われるとても大切な時間帯です。

この時間帯にぐっすり眠っているようにすると、本来の体のリズムを修正することができますので、二度寝を防ぐことに繋がります。

寝坊予防グッズとは?

寝坊予防グッズとは?

寝起きの良し悪しは人によって違いますが、中には低血圧などの理由で朝起きるのが困難だという人もいます。そうかと思えば夜寝る時間が圧倒的に遅いので、朝寝坊が常習だという人もいます。

いずれにしても大切な用事がある日の寝坊となると致命的なものになりかねません。そんな時には是非、寝坊予防のグッズを利用することをおすすめします。

まずは定番の目覚まし時計ですが、寝起きが悪い人は普通のものではなく、光目覚ましを使ってみてはいかがでしょうか。朝の光の明るさを演出してくれるというすぐれものです。

また、どうしても起きられないという人は、高価ではありますが消防士などのプロも利用している目覚ましグッズがあるので、購入を考えてみても良いかもしれません。