眠気覚ましにはガムがいい?

眠気覚ましにはガムがいい?

仕事や車の運転などで眠くなった時には眠気覚ましにガムを噛むのが効果的と言われていますが、なぜ眠気覚ましにはガムがよいのでしょうか。

まず、ガムを噛むには顎を動かしますが、顎を動かすことで血液の循環が良くなり脳細胞の働きを活性化させることで眠気を解消させる効果があります。

また、カフェインには中枢神経を興奮させることによる覚醒作用があり、ハッカやミントに含まれるメントールの刺激や清涼感も眠気覚ましに効果があります。

このことから、同じガムでも噛み応えがあるものや、カフェイン、メントールが含まれるものを選ぶと眠気覚ましにはより効果的です。

しかしながら、会議や講義などガムを噛むことが相応しくない場合もありますので、TPOをわきまえることも大切です。

眠気覚ましには温かい飲み物がいい?

眠気覚ましには温かい飲み物がいい?

眠気覚ましには温かい飲み物の方が効果的だと言われています。冷たい飲み物の場合、確かにその冷たさに体がびっくりして、一時的に覚醒したような作用はもたらされます。

ただしそれはあくまで一時的なものであり、眠気を根本から解決することには至っていません。ですから眠気を根本から解決するためには、温かい飲み物の方がより効果的だと考えられます。

その理由ですが、眠気を感じている時は一般的には体温が下がっている、そして全身の血流が穏やかで脳への酸素供給量も低くなっていることが多いです。

そのためまずは体温を上げて全身の血行を促進させることが効果的です。適度に温かい飲み物は、その温かさによって体温が上がり、更に血管も適度に拡張されることで血流の促進が期待できます。

眠気覚ましにはチョコがいい?

眠気覚ましにはチョコがいい?

仕事中に眠気に襲われた経験はありませんか。特に昼食後14時から15時ごろは睡魔との戦いで、仕事の能率が落ちる時間帯です。

1日の仕事のペースが乗ってきた14時から15時ごろは、脳がその仕事に慣れてしまい仕事の能率が落ちると言われています。

そこで、脳にエネルギーを与えるためにブドウ糖を摂取すればよいと言われています。

ブドウ糖は多くの食品に含まれていますが、特にチョコレートの摂取がおすすめです。

交感神経の活動が抑えられ、副交感神経の活動を活発にする働きがあると言われています。脳の疲れがリセットされ、仕事の能率も上がります。

また、チョコレートは机の上で手軽に食べることが出来るので、おやつタイムにもおすすめです。大好きなチョコを食べて眠気覚まし効果も得られて一石二鳥です。